子連れ旅行
in New Zealand のスベテ☆
2014年、行ってみたい国ランキングで9位にランクインしたニュージーランド。
お子様が一緒だからこそ楽しいニュージーランド、旅のコツを教えます!
周遊はまた今度。
都市をじっくりと楽しみましょう!

見どころがたくさんの
ニュージーランドでは、
北島、南島を周遊してしまいがち。
でも1都市をじっくりと楽しむのも
よいものです。
無理をせず、
ゆったりとしたスケジュールを
立てましょう。
宿泊は
アパートメントタイプの
ものがお勧め。

NZのホテルや、
アパートメントタイプの宿泊施設では、
ベビーベッドやハイチェアーを
貸してくれたり、
ベビーシッターをアレンジしてくれる
宿泊施設もあります。
中でも、
アパートメントタイプの宿は、
キッチン設備があるので、
暮らすように過ごすことができます。
洗濯機、乾燥機があるタイプは、
持っていく着替えが少なくてすむので
とてもお勧めです。
子どもが楽しめる
アクティビティは
大人でも楽しいものです。

魅力的なオプショナルツアーや、
アクティビティーが
たくさんあるニュージーランド。
でも中には移動時間が長く、
お子さま連れには
適していないものもあります。
お子さま連れでも楽しめる、
お子さま連れだからもっとたのしい、
家族向けのアクティビティを
選びましょう。
コチラからどうぞ!
NZ 子連れ旅行メリット

●時差が少ない(3~4時間)
●往路はNZ0090便は夜便なので、
  機内で子どもが寝てくれる
●比較的安全な国
●衛生的。水道水も飲料としてOK
●子ども連れに親切なお国柄
●バーやレストランなどでは
  禁煙が義務付けられている
●公共トイレが比較的キレイ
●日本と同じ右ハンドル
NZ 子連れ旅行デメリット

●フライト時間が長い
  (成田-オークランド間約11時間)
●入場料やレストランがやや高額
ニュージーランドの
授乳事情

国ぐるみで授乳を推進しているニュージーランドは公共の場所での授乳には寛容で、授乳ケープを使えばどこでも問題なく授乳が出来ます。空港や大型ショッピングモール、オークランド動物園などの大型観光施設では、ペアレンツルームが設置され、電子レンジや給湯器、授乳ブースなどを利用することが出来ます。ニュージーランドのペアレンツルームは、パパの立ち入りも一般的です。
ニュージーランドのお天気

ニュージーランドは南半球に位置しているので、気候は日本と逆です。
1日の中に四季がある、と言われ、1日の寒暖の差があります。
日中は汗ばむ陽気でも、朝夕は肌寒いこともあるので、夏場でも薄手の羽織物があると便利です。
※下のお洋服ガイドはオークランドです。
南島や北島のスキーエリアなどには当てはまりませんので、ご留意ください。
9月~11月頃。
オークランドの平均気温は10度~13度くらい。9月上旬にはサマータイムが始まり、夜の9時頃まで明るくなります。
お天気がいいと日中は暖かくて過ごしやすいですが、朝夕は冷え込みます。桜が綺麗な時期です♪
お子さまには、薄手の長袖または半袖に、脱ぎ着しやすいカーディガンなどがオススメです。
外出時はジャケットが必要になることもあります。
12月~3月頃。
一番気温が高くなる時期でお花が咲き誇る季節です。お花が咲き誇るニュージーランドのベストシーズンです。オークランドの平均気温は15、16度ですが、日中は30度近くになることも!紫外線が強いのでお子さまには、しっかりと帽子をかぶせ、日焼け止めをつけてあげてください。現地の子供服売り場には子供用のサングラスが販売されているので、利用してもよいかもしれません。ただ、朝夕は冷え込むこともあるので、薄手の羽織物を持参するのが安心です。
4月~5月頃。
夏が終わり、黄葉がきれいなシーズンです。4月の上旬でサマータイムも終わり、日が短くなります。オークランドの平均気温は11度から13度くらい。
お子さまには、長袖のシャツと羽織物、外出時には厚手のジャケットも必要になることがあります。
6月~8月頃。
一年のうち、一番寒い季節です。南島や、北島の中心部でスキー場がオープンします。オークランドは冬でも比較的暖かいので雪は降りません。オークランドの平均気温は8度~9度くらい。雨が多いので外出時には折りたたみ傘があると便利です。
お子さまには、薄手の半袖、長袖を重ね着させ、暖かい屋内に入った時は楽に脱ぎ着できるのといいですね、外で遊ぶときは、厚手のジャケットがあるといいでしょう。
  子連れ旅行 
持っていくと便利なものリスト☆
~手荷物編~
☆パスポート
☆筆記用具
☆おむつや紙パンツ
☆おしりふき
☆ゴミ袋
☆ハンドタオル
☆子ども用スプーン
  とフォーク
☆お食事用エプロン
☆着替え
☆薬
☆保湿剤
☆歯ブラシ
☆授乳ケープ
☆哺乳瓶や粉ミルク
☆子ども用スナック
☆新しい音の出ない
  おもちゃや本
~スーツケース編~
☆おむつや紙パンツ
☆おしりふき
☆ゴミ袋
☆着替え
☆離乳食
 (かさばるので
  現地調達も◯。
  ホテルにお届け、
  オーガニック離乳食は
  こちらからどうぞ。)
☆洗濯バサミ、ロープ
 (乾燥機がある
  ホテルは不要)
☆水筒
☆帽子、日焼け止め
☆水着
 (必要に応じて)
メニュー
はじめてご利用の方はこちら
ログインのページへ
現地スタッフブログ
会社概要 | 免責事項 | プライバシー | お問い合わせ | JTB Oceaniaサイトサイトマップ